読みやすいブログ記事を書く方法

ライティング

読まれるブログ記事を書く方法

読まれるブログ記事(文章)を書くのは簡単です。

 

多くの人が「文章力がない」と嘆いていますが実は関係ないです。もちろん、スキルは磨いた方が良いですが、それ以前の問題の方が多いです。

 

何が書かれているかよりも「読むに値するか?」

 

僕も先生から学んだことなんですが、

「何が書かれてるか」よりも、「読むに値するのか」で人は判断してます。

 

想像してみてください。

郵便ポストにギュウギュウにチラシが詰め込まれていたとします。恐らくチラシを0.2秒で持ち帰るのか、ゴミ箱行きかを判断してるはず。

 

「これは必要」

「これはいらない」

 

その際の判断基準としては、書かれている内容より、「第一印象」で決めていませんか?

 

・ブログの記事

・メルマガの文章

・セールスレターのファーストビュー

 

(スクロールせずに表示される範囲)でも、

文字を変えずに一工夫するだけで簡単に精読率や成約率は2倍になります。

例えば、

——————–

話を要
約すると、田舎のネズ
ミは暮らしは安全だけど美味し
い食べ物はありません。

都会のネズミは食べ
物は美味しいけど猫
や人に殺さ
れるリスクが高いです。

——————–

は読む気がしませんよね?

 

逆にちゃんと読みやすく改行すると

——————–

話を要約すると、

田舎のネズミは
暮らしは安全だけど
美味しい食べ物はありません。

 

都会のネズミは
食べ物は美味しいけど
猫や人に殺されるリスクが高いです。

——————-

このほうが読みやすいはずです。

好き嫌いは

あると思いますが、

僕のルールは
最初の1行目は、1行で留める。

最大4行まで、
1行の長さはバラけさせる。

違和感ないように改行して
階段状に並ぶように書く。

ーーーー

ああああ

ああああああ

ああああああああ

ーーーーーー

など、読みやすくしています。

 

男性の格好良さ、女性の可愛さも理屈でなく「何となく」ですよね。

ブログ記事や文章もそれと全く同じことです(たぶん)

 

読みにくい部分を修正するだけで改善されます

 

なので、ブログ記事を書くときも
客観的に読んでみて

(パソコンで書いてから、スマホで見るとか)

「読みにくい(詰まる部分)」を
修正するだけでも上達しますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました