リストが急に取れなくなった!原因と具体的な解決策【ヒント:1週間】

今回はSNSを使った集客で施策を打つ時、データを見るときの考え方をお伝えしていきます。

リストが取れていたのに急に取れなくなった!

こんな質問を貰いました。

1日平均5リストくらい取れているのですがリスト数が0.1.1と3日間連続で急激に減ってしまいました。

原因は不明です…。

10リスト以上入る日もあるのですがなぜかわかりません。

ここからどのように施策を変えていくべきでしょうか?

この質問に答えつつ、SNSでうまく施策をテストしてリストを効率よく獲得する戦略を解説していきます。

リスト数が上下してバラつく理由

「昨日は16リスト取れたのに今日は4リスト…なんで?」

集客のアクションをしているとこういった現象が必ず起きます。

昨日までは取れていたはずなのに急にリスト数が減って取れなくなってしまうなんてことありますよね。

そのせいで、

「どうしよう…」「なんか手を打たないと…」

となんとなく焦ってしまったり他の人のリスト数と比べて「結果出てないな…」と落ち込んだり周りと比べて自信をなくしてテンション下がりますよね。

そうならないためにSNSでリストを集客するときのマインドセットと具体的な対策方法をお伝えします。

【リストは水モノ】

そもそも、前提として理解しておいて欲しいのが毎日一定の結果を出し続けるのは至難の業だよってこと、

結果は1日単位では変わるよねということです。

なぜか?

そもそも、「1リストが取れる」ということを細分化して考えたことはありますか?

まあ、冷静に考えてみたらわかることなのですが1リストと聞くとなんだか機械的で無機質です。

画面越しにはあなたがいる

しかし、1人の人間がスマホやパソコンの向こう側にはいます。

僕も記事を書いているときんこの記事を今見てくれている「あなた」を想像しながら書いています。

「えっ!あっ…」ほら、今びっくりしたでしょ。あなたのことですよ。

 

僕らはSNSを使って一方的もしくは双方向でコミュニケーションを取っていると思いますが人間相手の仕事のわけです。

相手の都合によって結果が全て左右されているということです。

なので、1日の獲得リスト数も1日の中であなたを投稿を見てどれくらいの人が動いたのか?で決まるということです。

1日のうちで多くの人を動かせなければリストを多く取ることができません。

多くの人が動いてくれたらあなたのリスト数が増えます。

【コントロールorノットコントロール】

これは、集客における重要なマインドセットなので、紙に書いて覚えておいてください。

コントロールできることをだけをコントロールして、コントロールできないことはコントロールしないということです。

「ん?なんとなくわかりそうでわかりません。具体的にどういうことですか?」

コントロールできることは基本的に自分のアクションだけです。相手の行動はコントロールができません。

意図して動かすことはできますは行動や決断の最終決定は必ず相手が握っているのにコントロールできない事項です。

行動の最終決定権は相手が握っている

リスト取りも同じです。

「見てくれた人はあなたのメール・LINE@に登録してくれるかどうか?」はコントロールできません。

なぜかというと、あなたのメルマガやLINE@に登録するかは相手が決めるからです。

「プレゼントしますよ」

「無料相談しますよ」

「有料サービスを無料でお試しできます」

などと、オファーはしますが最終決定権は相手にあります。つまり、相手都合で結果はガラリと変わってしまうのです。

1日リスト数なんかで一喜一憂すんな

ポイントになるのはリスト数で一喜一憂する必要はないということです。

もちろん、リスト数が少ないのには何かに原因があるので問題を見つけて改善をしていくべきです。

しかし、リスト数だけ見るのはコントロールできない結果をくよくよしているの変わりません。

 

・自分がコントロールできるアクションができているのか?

・そもそも集客のアクションをしてるか?

・しっかり考えて投稿できてるか?

・誘導などの施策を打てているのか?

などを見ていく方が重要です。

リスト数は、1週間スパンで見るといいよ

では、具体的にリストを取るための施策を紹介します。

正解ではないと思っていますが今の所機能しているので参考にしてみてください。

僕がオススメする方法は、

「1週間スパンで数値を見て施策やアクションを変化させる」

ということです。

曜日や時間帯によってアクセス数は変動する

そもそも、曜日によってや時間帯によってもリスト数は変わります。

例えば、今この投稿を書いてるのが日曜日22時くらいです。

本来であれば、明日は平日ですが明日は祝日なので休みです。なので、週末のような感覚になっている人が多いでしょう。

・月末30日なのか、月初1日なのか、

・平日なのか、土日なのか、

・休みなのか、休み前なのか、

・朝7時なのか昼12時なのか、

・夕方17時なのか夜22時なのか、

リストが取れるタイミングというのは必ずユーザーさんがSNSを使っている時間に起きます。

その前提で見た時に1日単位で見るのは短期的すぎて結果が変動しやすくデータもあやふやになるので改善をしづらいです。

今日は取れなくても明日入ることはあるし今日取れてても急に明日取れなくなることもあります。

一方で、1週間の単位だと7日間あります。

7日間あれば、基本的に学校に行ってる人でも仕事に行ってる人でも忙しい時間とヒマな時間に分かれます。

なので、リストを獲得できるチャンスが1日単位ではないけど、1週間単位だったらあるということはかなりあるでしょう。

 

【1週間の目標数値が達成できたらいい】

もう1つ、1週間で見ているのには理由があります。

それは、1週間の目標数値が達成できればいいという考え方です。

さっきも話しましたが1日単位では数値の変動は読みづらいですが1週間くらいだったらある程度予測できます。

例えば、「毎日10リストとるぜ!」という目標を立てたとしましょう。

このように1日単位で目標を決めてしまうと1日でも仮に「3リスト」の日があったら目標は達成できませんしテンションが下がる要因になります。

そもそも、曜日や日にちによってもリスト数が変化するのに1日ごとで見るのはあまりいい判断とは言えない気がします。

なので、「1週間単位で結果出ればそれでいいや」という考え方にしました。

具体的にいうと、毎日10リストを取るという発想よりも1週間で70リストを取る発想に切り替えることです。

こうすることで、1日で3リストの日があったとしても

月:6リスト

火:4リスト

水:10リスト

木:11リスト

金:10リスト

土:12リスト

日:17リスト

これでもいいわけです。

序盤でコケても後半で巻き返すパターンです。

実際に、僕が今やっているのも今までの傾向上、「土日月がリスト数が取れる」というのが分かりました。

そこに合わせて、LPへの誘導強めの投稿を流していきました。

価値提供5日間。で、全力で価値提供する。アカウントの信用を貯めたりフォロワーを増やす動きを行なう。

で、反応が取れる日にLPに誘導して一気にリストを取ります。

 

で、取れないリストには再度、価値提供をしてリストになってくれる(オプトイン)タイミングを待つ。

これを繰り返していったところ投稿の反応も良くなりリストも取れるようになっていきました。

 

もちろん、3日間単位、2週間単位、1ヶ月単位で取る方がやりやすいなどあると思います。

もっと投稿数を増やして3投稿以上価値提供をして1つ誘導、のローテでもいいと思います。

しかし、1週間単位で結果を見る、目標を追いに行くということはかなり機能しています。

【まとめ】

長くなってきたのでまとめます。

リスト取りで施策を打ったりデータと見るときには1日単位の”点”で見るのではなく1週間で見るということ。

コントロールできる自分のアクションだけをコントロールしてコントロールできないリスト数で一喜一憂しない。

1日単位で取れなくても落ち込まない。自分が決めた最終目標が達成できたらいい。

という視点を持ちながらリスト取りのアクションするようにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました