【1日322名を無料集客】インスタグラムアカウント運用の具体的な5ステップ

1日322名を無料集客したインスタグラム集客を公開

「もっと集客数を増やそう!」

「SNSは毎日更新しよう!」

「アクション量だ!」

と記事で学んでなんとか投稿頑張ってるけど…ぶっちゃけいいねの数も増えないし、シェアもされない。頑張ってアカウントからLPに集客しようと思っても全然リストが取れない…

あなたもこんな経験ありませんか?

毎日頑張ってるのに…全く成果が出なかったらかなりしんどいですよね。

とはいえ、その一方で10000フォロワー以上いて毎回1000いいね!とか獲得していてインスタグラムでの集客に成功している人がいるのも事実。

いったい、何が違いんでしょうか?

とある方法を使うことでもっと早く成果を出す方法があります。

今回はインスタグラム集客をしている人、特にインスタグラムアカウントを作り直したり始めたての人に向けて新しい媒体で集客していくときに使えるマインドセットと具体的な5つのステップを解説していきます。

インスタグラム集客だけでなく、スキル習得の本質なので何でも使えると思います。

全体像はこちらです。↓

インスタグラム集客を成功させる具体的な5つのステップ

①モデリング対象を探す

②モデリング対象の比較

③実際に真似してみる

④PDCAサイクルを回す

⑤効率化していく

①モデリング対象を探す

一つ目のステップは、モデリング対象を探すということ。

要するに上手い人を真似しようぜってことです。

まずはうまくいっているものを真似しましょう。

「どんな基準で真似したらいいですか?」モデリングの5つの基準

モデリング基準は下記の通りです。

①リストを取っていること

1つ目の基準は、ビジネス利用しているアカウントであるかどうかです。そもそもあなたはインスタグラムを使ってリスト取りをしたいはず。

なので、真似すべきアカウントでもリスト誘導を誘導している・LPやHPなど何かしらのビジネス目的で使っているアカウント真似するようにしましょう。

②影響力があること

2つ目の基準は影響力があるアカウントをモデリングすべきだということ。フォロワー、投稿へのいいね数などが多いアカウントは多くのアカウントに評価されている=多くの人に求められている可能性が高いです。

そういったアカウントではしっかりとユーザーやターゲットを意識していい投稿や綺麗なデザインの画像を上げているところが多いです。

もちろん、中には見かけだけのフォロワー(蓋を開けてみたら外国人や相互アカウントばかり)、いいねをツールでつけているなどもあるのでしっかりと見極めた上でアカウントを見るようにしましょう。

③投稿や発信内容、アカウントに統一感・一貫性がある

3つの基準は、投稿や内容・アカウントの統一感・一貫性があるアカウントを選べということです。

一貫性があるということはそのアカウントの運営者は何かしら明確な意図を持ってちゃんと考えてアカウントを運用しているはずです。

そういったアカウントの方が本質的なポイントを抑えて運用しているので見ているだけでかなり学びになるところがあると思います。

④自分のターゲットがフォローしてそうな同業者

4つ目の基準は、自分のターゲットがフォローしていそうな同業者を参考にするということです。例えば、大学受験をテーマに発信していくとして、あなたが難関私立専門のオンライン塾の集客をしているとします。

そういう時には大学受験の中でも自分の見込み客がフォローしていそうなアカウントをモデリング対象として選んでみてください。

そうすることで真似したら自分のフォロワーにもなってくれてLPも反応しやすくリスト化・商品の購入見込みも上がっていくからです。

⑤なんか売れていそう(直感・好み・センス)

最後は直感です。「なんか売れていそう」「なんかこの人のアカウント・投稿のかんじ、いいな!」という感覚的な選び方も大事だったりします。

インスタは画像や動画など視覚情報がメインの媒体です。投稿の文章の内容もありますが1番は「パッと見の印象」を重要してユーザーもみています。

ですから、真面目に「直感で良さそう」という感覚は大事にすべきだと僕は思っています。

全部を満たしている必要もありませんがこのあたりの観点から3つ〜10つくらいまずモデリング先を探してみましょう。

②モデリング対象の徹底分析

①でマネする対象が決まったら次にやるべきことはモデリングの分析です。

分析するときのポイントは意図をしっかりと汲み取るということです。

「どこを取り入れようかな」という観点で

✅アイコン画像

✅アカウント名

✅プロフィール

✅投稿内容

✅投稿で使ってる画像

✅投稿のデザイン・見易さ

✅改行の仕方

✅ストーリーズ

✅ハイライト

✅使ってるハッシュタグ

✅コメント

✅リスト記事

✅CTA画像

✅本文からリンクへの飛ばし方

上にあげたものとかを1つ1つの要素分解して工夫しているであろうポイントや真似できそうなところをメモしていきます。

ポイント:本質を真似する

1つ1つの要素を見ていってモデリング先のアカウントの真似するとき

・この人はなぜこの方法でやってるのだろうか?

・なんでこの表現を使っているのだろうか?

・この写真はなぜ反応が取れているんだろう?

といった意図や本質、考えながら分析しておきましょう。

もし、参考にするアカウントの人に聞けるのであればしつこいくらい「なぜ?」を聴きましょう。なぜを考えて本質的な考え方やポイントを盗んで運用していくと速くラクに結果を出しやすくなります。

③実際に真似してみる

モデリング先の分析が終わったら実際に真似してみましょう。

①と②のパートはインプットに当たるところでした。③は実践のターンです。

リスト取り・集客に正解はありません。色々と真似していいところを試しながら反応を見ていきましょう。

④PDCAサイクルを回しパターン化する

実践をしてみて反応が取れるようになったりアクション量が増えたら

・反応が取りやすい投稿

・反応が取りずらい投稿

・アクセスが伸びる日

・アクセスが伸びない日

・リストが取れる日

・全く取れない日

などが出てくると思います。

そこから、データを取って改善、テストを繰り返しましょう。

データは1週間〜2週間で数字の変化を追う

データを見るときのポイントは「ある程度長い目で見る」ということ。

1日ごとだとアクセス数もリスト数も変動しやすいです。1週間〜2週間単位くらいで数字の変化を見るといいでしょう。

「なんでうまくいったのか?」

「なんでこの投稿は反応が取れないのか」

あらゆる角度から分析してみてください。

最初は

「なんとなくこういう投稿はいいね数が伸びやすいな」

という肌感でも大丈夫です。

うまくいくパターンとうまくいかないパターンを模索していきましょう。

⑤効率化

最後に効率化です。うまくいくパターンやうまくいかないパターンが見つかってきたら「あとはいかに効率よくできるか?」ということです。

✅どうすればいかに時間をかけずに投稿することができるのか?

✅どのようにすればいいねや保存される”バズる”ような投稿が作れるか?

✅爆発的にアクセスを伸ばすためのどんな仕掛けをすべきか?

✅売上を伸ばすためにどうアカウントを強化すべきか?

などを考えていきます。

最初から効率を気にする必要は一切ナシ

最初から「効率が・・・」なんてきにする必要はありません。

効率を気にするのははっきりいってレベル高いです。

思考量も実践量が伴っていないときにそもそもの「効率」なんて言葉すら使わないでください。

なるべく時間をかけずに投稿を作るとかは考えた方がいいですが5つ目のステップ、効率化は最初のうちはあまり気にせずいきましょう。

実践を積んでレベルが上がったら自然と意識できるようになります。

インスタグラム集客アカウント運用の具体的な5つのステップ

まとめますと、

①モデリング対象を探す

②モデリング対象の比較

③実際に真似してみる

④PDCAサイクルを回す

⑤効率化していく

①まずはうまくいってる人を見つける(3〜10個くらい)

②何でうまくいっているのか分析する(要素分解して分析、意図をパクる)

③素直に真似して泥臭く地道なアクションを繰り返す(テスト、テスト、テスト)

④アクションしながらPDCAサイクルを回す(成功要因と失敗要因を探す)

⑤成功パターンと失敗パターンが見つかったら成功パターンに寄せてアクション。なるべく時間をかけぬよう少ない労力でも成果が出せるように効率化を図っていく

という手順でやってみると素早く集客で結果は出しやすいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました