殴られても立ち上がるんだ!ブログを継続するには復帰力を鍛えなさい

未分類

ブログ記事・動画投稿の継続術【復帰力】殴られても立ち上がれ

『スマブラ』ってゲームやったことありますか?

僕が一番やってたのは大乱闘スマッシュブラザーズデラックスとエックスです。

よく使ってたキャラはマリオでした。

【ふっとび率】

スマブラっていうゲームはキャラクター同士でボコボコに殴りあってぶっ飛ばした方が勝ちというやばいゲームです。

キャラクターはダメージを受けるとパーセンテージ(%)が溜まっていきます。

パーセンテージが溜まっていけばいくほど吹っ飛ばされる確率が高まります。

これを見たときに感じるのは

「現実生活だったらメンタルみたいなもんなのかな」

ということ。

スマブラでは相手キャラをボコボコにできるわけです。しかし、現実世界だったら殴ったら犯罪でお縄です。

【人生とはメンタルゲーム】

仕事で僕らの活動は脳みそを使った活動が多いはずです。

脳と心はリンクしてますから基本思考力とメンタル力が司ってます。

メンタルが強いやつがゲームでは有利だと思います。

しかし、メンタルが弱ることもありますよね。

例えば、あなたが目標を掲げていたとしても

・やろうと思ったけどめんどくさいからいいや

・人から反対されたからやめようかな

・批判されてツラい…

・先が見えなくて不安です

・これ続けてほんとに上手くいくんだろうか…

・なんでこれやってるか分からない…

こんな感じでメンタルを削られることが多々あります。

こんな精神状態だとスマブラで300%ダメージが蓄積してちょっと殴られただけでぶっ飛んでしまうほど弱っている状態と言えるでしょう。

継続には復帰力を鍛えなさい

面白いんですがスマブラにおいて復帰技(ふっきわざ)が強いキャラが大体強いです。

・カービー・スネーク・ロボット・ルカリオ・ピッド

この辺のジャンプがたくさんできたりめちゃくちゃきつい状況からでも復帰出来るキャラは強いです。

これって人間も同じじゃね?と思いました。

みんなステータスはそんな高くない

基本的に人間というのはスペックそんな高くないです。

ほとんど能力や体つき脳の機能にそんな違いもありません。

しかし、差が出ます。

そこで差を分ける1つの要因として、「復帰力が高いかどうか」ということを感じます。

復帰力とは、辞めない力のこと。

世の成功法則とやらでよく言われるのは「継続する」ってことですよね。

継続をするときも続けるということよりも「いかに辞めないか」の方が大事です。

7日連続でできた投稿ができなくなったある男の話

最近よく見ている子で本当に感心したエピソードがあります。

彼はある施策で毎日YouTube動画を上げることを目標にしてました。

で、7日までは続けることができました。

しかし、ある日を境にピタリと動画の更新をやめてしまったのです。

なぜというと、なぜ動画を作るのかの意味を見失ってしまったり自分が動画で話していいのか本当に教えていいのかと不安になって自信を無くしてしまい、動画を撮るのを辞めてしまったそうです。

90%以上の人は1日でもできなくなると諦めてしまう

ここで多くの人は「もういいや」と諦めてしまいます。

決めた目標も毎日やると決めた決心もぜんぶ忘れてしまいます。

しかし、彼は素直に自信がないこと、続けられなかったことを相談してくれました。

それで話を聞いていくうちに「もう一度挑戦します」と、再チャレンジを決意。

再チャレンジして蘇り自信を手に入れました

メンタルがボロボロになりながらもできない自分をきちんと見つめて復帰したのです。

その後どうなったか?今では見事に復帰して今では63日連続で動画をアップロードしています。

まだまだ成果はでるのか時間はかかりそうですがとても自信に満ち溢れた顔をしていました。

これって本当にすごいことだと思います。

なぜなら、みんな辞めてしまうから。

続けられなくなるのがマジで1番もったいないです。

【手っ取り早い信用の稼ぎ方】

「なんでそこまで言うのか?」

というと、情報発信でファンを作って自分のコンテンツを販売したのであればは信用残高を稼ぐゲームだからです。

信用残高とは、信頼関係のゲージみたいな高ければ高いほど信頼されている状態で低ければ低いほど信頼がない状態です。

わかりやすく説明してあげたり継続的に情報発信したり価値提供をして喜ばせてあげること。

自分の見込み客や購入者である顧客、つまり人間の信用を稼ぐというのはイメージしやすいと思います。

しかし、もう一つ信用を稼がないといけない

「モノ」があります。

それが、「媒体」への信用残高です。

情報発信では媒体への信用貯めが重要

媒体とは、

Google、Instagram、YouTubeFacebook、Twitter、TikTokなどのSNSの媒体のことです。

それぞれの媒体で評価対象の基準というものが設けられています。

Googleのキャッシュポイントって知ってる?

Googleってどうやって儲けてるか知ってますか?

基本的に彼らは「広告収入」で儲けてます。

広告収入を得るためには

「いっぱい広告を使ってくれる人=広告費を払ってくれる人が欲しい」

ですよね。

毎日投稿を継続してくれるアカウントは優遇されやすい

もう一つ欲しいのが「毎日使ってくれるホットなユーザー」も欲しいわけです。

いくら広告主(お金を払って広告を出す人)がいたとしても見てくれる人がゼロ(0)だったら運営側に広告費がはいらないからです。

なので、毎日使っている=投稿してくれているアカウントは優遇しやすくなります。

特に、毎回の投稿でたくさんいいねがつく、シェアされるようないい投稿をしてる人はさらに優遇されます。

こうやって媒体への信用残高が高まっていきます。どの媒体も基本的な目的「広告収入が欲しい」わけです。

いいコンテンツを毎日配信すると上位表示されていく

そうなったときに毎日いいコンテンツを配信してくれてるアカウントは評価が上がって上位表示されたりみんなが見るような場所に投稿を置いてくれたりします。

つまり、

「毎日更新していること」ということは情報発信において超重要なわけです。

まあ、比較的わかりやすいとは思いますが毎日せっせと記事や投稿を頑張ってSNSを使ってくれる人の方が信頼できますよね。

毎日頑張っている人はずっと応援される

毎日甲子園を目指して練習を頑張っている高校野球児と

週1回しか練習してないのに「俺は甲子園に行くぜ!」と口先ばかりでイキってる高校野球児、どっちを応援したくなりますか?

という話と同じで毎日投稿を欠かさずにやっているアカウントと3日連続で続いたと思えば3日空いて久しぶりに更新して、また更新して止まって…

というのだと「大丈夫かコイツ」と思ってしまいます。

もちろん、継続していれば少ない投稿やアクション量でも自然とフォロワーが増えたりファンが増えることはあるでしょう。

しかし、地道な継続すらできないと媒体から評価されず帰って遠回りになるのです。

【クソでもいいから続けよう】

僕の身近な人には「とりあえずクソなアクションでもいいから続けろ、辞めるな」とひたすら言ってます。

なぜなら、やめたら今までかけてきた時間、お金、労力が全て無駄になるからです。

辞めるべきポイントも大事だったりするんですが基本は継続命です。

例えば、あなたが「毎日〜をやります!」と決めたとします。3日は続けられたとしましょう。

しかし、4日目で「やべっ!忘れてた」とします。

そうなってからが大事なのです。

続けられなくなってもいかに復帰できるか?

いかに続けられるか?というのもすごく大事ですが「続けられなくなってもいかに復帰できるか?」という「復帰力が大事」ってことを伝えておきます。

続けられなくてもいい。

なぜなら、人はクソだから。

できなくなっていい。

クソな自分だから許してやれ。

続けられなくても復帰しろ。

殴られても立ち上がれ。

今日はできませんでした。

ええねん。

明日からまたやり直そう。

完全に吹っ飛ばされるまでは

死ぬ気で復帰しよう。

続けてたら強くなれる。

人生続けたもん勝ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました